退職者代行サービス!?お電話一つの手軽さで人気急上昇中

辞表 イラスト






一般的に退職の1月前に意思を表示せねばなりません。

辞めるその時までを『無敵期間』という人もいますが、僕は嫌いな期間です。

仲の良い同僚、嫌いな上司、なんにせよ気まずいですよね…

「あー一刻も早く辞めたい」

「もう会いたくない」

そう思ったあなたに朗報です。

なんと退職手続きを代行してくれるサービスがあるというのです。

退職代行サービス

退職代行サービスとは文字通り、依頼人に変わって退職を代行してくれるサービスです。

お電話一本、即日対応。

これ以降会社への連絡は不要で、退職代行サービスが全てやってくれます。

 

最大手の『EXIT』社

このサービスの先駆けとなった『EXIT』社。

月に300件の依頼があるほどの盛況ぶりです。

業界最大手で、アルバイトなら4万円、正社員なら5万円から引き受けてもらえます。

EXIT社の基本的な流れは

サービスの申し込み

担当者が電話やLINEで退職理由や退職交渉の状況を確認

料金支払い

退職者本人が対応する必要がある事項の実施(退職者の届け出、制服の返却等)

担当者が会社に退職手続きを代行

↓ 

退職完了

次回以降はディスカウントで1万円からでOKです。

 

法的に問題は?

本来は弁護士以外が報酬をもらって法律にかかわる仲裁や和解の交渉をすることは法律で禁止されています。

そのため退職代行サービスはあくまで退職の伝言や説明をするだけです。

 

人によってはお値段相応?

ただ会社を辞めるだけに4~5万円というのは少々わりに合わないように感じるのですが、当事者にとってはそうでもないようです。

 

①パワハラ上司が怖い

以前、神戸の製菓工場でパワハラ自殺があり話題となりました。

自殺した従業員は日々のパワハラに耐え切れず退職を申し出たのですが、

「もうお前の出身校のやつは雇わない」

など脅され、聞き入れてもらえませんでした。

長時間労働を強いられ続け、うつ病となり、結果彼は自ら命を絶ちました。

ブラック企業で辛い思いをしたくない!~実例編~

 

②引継ぎが完了するまで辞められない

今はどこもかしこも人手不足。

すぐに従業員を補充することができません。

また、後継ぎにレクチャーする時間も必要です。

そのため企業としては止めてほしくないのが本音。

なんとか退職を先延ばしにしてほしいのですが…

辞める当事者からすれば知ったことではありません。

 

③めんどくさい

退職の手続きや職場の空気などわずらわしいものです。

どうせもう二度と会うこともありません。

すぐ辞めて大丈夫?

一般的に退職の1ヶ月前に退職の意思を示す必要がありますが、民法では退職の日から14日前に申し出ることと定められています。

罰則などはありませんが、当日に辞めることは法律上認められていません。

もし直ちに職場を退職したことで損害が発生したり、損害を発生させたから代行サービスを使って逃げるみたいな形だと、裁判沙汰になる可能性はあります。

近年では従業員相手の損害賠償請求で企業側が勝訴するケースが増えています。

代行サービスはあくまで退職の意思を伝言するだけで、交渉などではありません。

そこのところは十分気を付けねばなりません。

 

ネットの反応

1/17、退職代行サービスが広がっていると日本経済新聞が報じ、ネットで話題となりました。

・そんなんメールで済むだろwww

・こういうサービスを利用して、心の葛藤や苦しさ、ストレスから逃げているうちに、取るに足らない些細な事で鬱病になったり、自殺するようなガラスのメンタルが作られていくのかもね。

・これは流行る。新しい職場の紹介や面接の手配までパッケージにしたらもっと良い。

・「法的強制力の無い」単なる仲介サービスに3万円でしかも人気って…これでいいのか日本

・鬱や、ヤクザのフロント企業みたいなの辞めたい人には必要だろ

・代行サービスを使ってる体で辞めればいいんじゃね

・確かに何日も呼び出され説得と化された経験からすると楽だけど代行使って明日から行かなくていいって事はないだろ?

・ライバル増えて大変になりそう 個人のバイト仕事になりそう 怖そうな人なら余裕

・日本人の生きる能力が急速に失われているな

 

今後はどうなる?日本の労働環境

転がる 100円 イラスト

人材紹介会社や法律事務所などが進出したり、より混迷を深める退職代行サービス。

そもそもまともな労働環境を考えない政府、経団連らに問題があるのであって、安上りな人材を求め続けてきたツケが回ってきただけなのでしょう。

そしておそらく今後も何の改善もされないのでしょう。

経営センスが無いといわれ、外国人労働者にすがりつく日本人。

従業員や労働者の質まで低下して、一体どこへ向かうのでしょうか?







こんな記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。