あの仮想通貨はどうなった?ガクト年明けのテレビ出演に批判の声

聞かざる イラスト






年末おなじみの、ダウンタウンの浜ちゃんが司会を務めるテレビ朝日『芸能人格付けチェック!』。

本物か偽物かを当てるこの番組、やはり今回もあのお方が出演されていました。

仮想通貨『SPINDLE』の広告塔でもあるGACKT(ガクト)氏です。

相も変わらずの無敗っぷりで55連勝中。

二者択一を50回連続で当てる確率は1100兆分の1になりますので、まさに神に等しい存在といえるでしょう。

仮に90%の的中率でも0.005%です

ヤラセ疑惑もありますが

しかし、御大のこの度の出演に関して、ネット上では疑問視する声が挙がっています。

ガクトが「詐欺疑惑がある団体の片棒を担いだのではないか?」というのです。

 

ガクト、仮想通貨の広告塔に

ガクトは昨年、仮想通貨『SPINDLE(スピンドル)』の宣伝を積極的に行いました。

『ガクトコイン』といわれるほどに知名度は上がり、儲かるICO※だと思った人達がスピンドルを購入したのですが…

※ICO…イニシャル・コイン・オファリングの略で新規調達のため仮想通貨でお金を集める仕組みを言います

SPINDLE(スピンドル)

スピンドルとは日本発の仮想通貨で、『ブラックスター(BLACKSTAR&CO.)』で販売されていました。

ガクト氏が実業家として参加している事でも知られていましたが、昨年7月スピンドルが0.2円に大暴落。

200万円分売られたのが原因で、それだけで84%減したとの話です。

なんとブラックスター、8月15日をもって日本オフィスを閉鎖し、ロンドンへ本社移転すると発表。

日本の規制下での活動の難しさや、パートナーの拠点が欧米に集中していることを挙げていますが、このタイミングの良さに「国外逃亡」という指摘も少なくありません。

 

スピンドルの『発案者』が行政処分!?

スピンドルの発案者である『宇野修一』が昨年9月7日、金融庁から行政処分を受け業務停止となりました。

宇野修一が代表取締役を務める『ドラグーンキャピタル株式会社』が

投資者保護上問題のある行為が認められた

金融庁からの警告や資料の提出の要請を1年間無視し続けた

などしたためです。

そしてこのドラグーンキャピタルとスピンドルは表裏一体の関係であることがわかりました。

ドラグーンキャピタル株式会社

代表取締役 宇田 修一
取締役 平井 政光
取締役 葛西 庸久
取締役 古賀 貴司
監査役 佐久間 将司

スピンドル創業メンバー

平井 政光(BLACK STAR&CO. CEO)
葛西 康久(BLACK STAR CAPITAL LTD. CEO)
古賀 貴司(ディレクター)
佐久間 将司(監査役)

顧客から預かった金を私的に流用したことで業務停止となった企業に勤めていた者たちが作った仮想通貨で集金し、暴落すれば国外逃亡。

これでは詐欺と言われても仕方がありません。

 

イメージ駄々下がりのガクト

ガクトは以前東日本大震災の時、街頭募金で集めた義援金4億円の不透明な用途について国税の査察を受けたことが、2012年9月発売の週刊文春で報じられました。

また、これとは別にガクトは『SHOW YOUR HEART』基金を設立。

東日本大震災の被災者への支援を募るのですが、義援金の振込先口座が『ハンゲーム』と呼ばれる韓国のオンラインゲームの会社出会ったことが発覚し、大炎上を起こしました。

「専用口座ができるまでの一時的なものに過ぎない」

と本人は釈明。

後に専用口座ができるのですが疑惑が晴れることはありませんでした。

さらに2016年、ガクトが借金を抱えている事も発覚。

詐欺と金融商品取引法違反で逮捕された松井直幸容疑者が経営していた投資コンサルタント会社の先物取引の投資話に乗ってガクトは出資してしまったのです。

自宅の豪邸をおよそ3億5千万で売却したと言われています。

 

暇なのかバカなのか

1月4日、ガクトは自身のインスタグラムを更新。

冒頭で紹介したテレビ番組で全問正解し、58連勝を記録したことについて触れ

「格付放送後は、必ずゴシップ誌がヤラせと騒ぎ始める。まあ、売りたいだけなのだろうが言いたい放題だ。58連勝なんて天文学的な確率だと」

「ボクは持っている知識の中で回答を導き出してるだけで、1/2の確率のギャンブルをしているのではない」

「暇なのかバカなのか。まあ、どっちでもいいか」

とコメント。

さらにハッシュタグには

「ギャンブルしない バカの相手をするほど暇じゃない」

とあります。

 

ガクト、インスタグラム非公開に

ガクトのインスタグラムを見ようと訪れてみると、なんと非公開になっていました。

2018年12月16日未明、今まで公開されていたインスタグラムを突如非公開にしたようです。

インスタグラムではフォローリクエストを出して承認されない限り、投稿が見られないようになっています。

なので、彼のインスタグラムを見たければ、彼の許可が必要となるわけです。

ただツイッターと連動していますので、ツイッターの記事を追いかければ誰でも読めるのですが…

何の意味があるのかはわかりません。

 

結局スピンドルはどうなってるの?

正月特番、ガクトの姿を見て「そういやガクトコインはどうなったんだ?」と思った方も少なからずいたはず。

今でも取引があるようですが、0.2円程度のまま。

ネットを見てもはっきりとしたことがわかりません。

投資家たちには恐縮ではありますが、もう返ってくるのは絶望的かもしれません…







こんな記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。