中国発の動画共有アプリ【TikTok】爆発的人気もすでに社会問題化







Youtube、インスタグラム、ツイキャス、ニコキャスなど今さまざまな動画配信アプリがありますが、最近また新しい動画配信アプリがリリースされたようです。

その名も『TikTok(ティックトック)』。

中国発の動画共有アプリで、日本国内で若者を中心にユーザーが増加しています。

今までの動画配信アプリとの大きな違いは15秒というショートムービーであるというところ。

動画時間が短いおかげで見る側、作る側もサクサク進めることができると評判がいいのですが…

さっそく社会問題化しています。

中国発『TikTok』

TikTokは2016年9月に誕生した比較的新しいアプリケーションサービスです。

2018年6月にアクティブユーザーが1億5000万人に達し、推定ダウンロード数は4580万回、2018年の第1四半期に世界で最もダウンロードされたアプリとなりました。

 

TikTokが人気な理由

簡単に編集できる

このアプリが凄い所は動画編集のバリエーションが非常に豊富な上、簡単な所かつ高性能な所にあります。

動画やライブ映像などワンタッチでコミカルに編集することができ、特に知識や技能のない人物でも容易に動画作成にのめり込むことが出来ます。

 

高度な顔認証システム

TikTokには犬の耳や鼻、ヒゲ、頬や顎を伸ばすスタンプをリアルタイムで顔に合成することが出来ます。

しかし、TikTokで採用される顔認証は非常に高度なレベルで、リアルタイムなのにほぼ全く顔ズレしません。

一般的な顔認証システムでは特徴点の抽出は70カ所程度にとどまりますが、TikTokの顔認識システムは常に106カ所の特徴点をリアルタイムで抽出しています。

 

グローカルなサービス

TikTokでは共有した動画を、他のユーザーに編集してもらうことが出来ます。

これにより、何気ない動画が編集により爆発的に人気になることがあります。

『Daddy Yankee』という曲に合わせて踊るショートカットムービー、通称『Duraダンス』と呼ばれるテイストの動画は中国で最初にブームとなり、日本やタイでプロモーションをしたところ人気となりました。

ローカルな流行を世界規模(グローバル)にする。

『クローカル』とはそういった意味合いをもつ、混成語のことをいいます。

 

炎上する『TikToker』たち

ユーチューバーよろしく、TikTokを利用する人たちをTikToker(ティックトッカ―)といいます。

ティックトッカ―が若者を中心に増加していますが、時に過激な動画を配信することもあります。

ユーチューバーらと大きく一線を画すところを挙げると、自分の顔を晒す要素が多い、ライブ映像が容易であるということ。

これによりLINEやインスタグラム、Twitterなどよりもコミュニティを広げやすいかもしれません。

 

収益化は無理でも、売名にはなる

現在TikTokには広告収入といったものがなく、動画配信での収益は見込めません。

しかし、ユーチューバーやアイドルのタマゴが宣伝や売名に使えるため、動画配信している場合もあるようです。

 

はた迷惑なイタズラ系

いたずらが過ぎて逮捕されてしまったユーチューバーを以前紹介しました。

炎上しすぎ?勢いあまって逮捕されたユーチューバー達

何気ないイタズラ心でやってしまった行為が、周囲の人たちに迷惑となっていることが理解できていないケースです。

それと同様、ティックトッカ―達による行為が問題視されており、動画そのものの炎上はもちろんのこと、TwitterなどのSNS上の二次的な炎上も多く見られます。

顔出ししてるため、身バレなどの危険を大きくはらんでいます。

 

うざい?広告

音楽とそれにノリノリな人達…確かにすごく楽しそうですが、一部の人の嫌悪感がすごいです。

Tiktokの個人情報、やっぱり政府に漏れていた

中国 仮想通貨 イラスト

TikTok、インストールしてみたはいいのですが、アカウント作成が必要でした。

アカウントがないとおすすめ動画を見るのみで、その先何もできません。

その手で操作してみたかったのですが、中華性アプリに個人情報をのせることなどしたくなく、様々な記事や動画のもと、今回の記事を作成しました。

実際アメリカ政府によると、Tiktokのアカウント情報は中国政府の要望があれば提供されるとか。

やっぱりね、というのが正直な所。

残念ではありますが、僕が使うことはなさそうです。

しかし、最近この手のSNSが本当に増えてきましたね。

LINEやツイッターでもライブ中継できるんですけど、それでは満足できないのでしょうか?

覚えるのが大変です(笑)

最後に一つ

顔出しのショートムービーゆえネタにされやすい、ということもお忘れなく…







こんな記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。