イヤなら見るな?Youtubeの広告のカラクリとお金の流れ 

イラスト ヒカキン






最近Youtubeの動画を見ていると、いろいろな種類の広告が増えました。

特に気になるのが広告を流した直後に再び広告が流れるもの。

貴重な収入源ゆえあまり物申すつもりもありませんが、15秒広告が流れるとちょっと嫌な気分になりますよね^^

とまぁそんな話はさておき、そもそも動画投稿者と広告はどういった関係になっているのでしょうか?

広告主(スポンサー)、投稿者(ユーチューバー)、視聴者の目線で考察していきます。

Youtubeの広告の料金

ユーチューバー イラスト うぴぶろ

企業がYoutubeで広告を挙げる際、いくらほどの金額が必要になるのでしょうか?

Youtubeでは以下のような広告形態があります。

 

trueviewインストリーム広告

5秒後にスキップできるようになる、Youtubeを見ていれば必ずといっていいほどよく見かける広告です。

視聴者が30秒(30秒未満の動画は終了時まで)再生されて初めて料金が発生します。

1再生当たり数円~最大25円ですが、10秒見ようと20秒見ようと30秒経過するまでにスキップされれば0円となります。

 

TrueViewディスカバリー広告

YouTubeの検索結果もしくは、関連動画付近に表示される広告です。

ユーザーが動画広告のサムネイルか見出しをクリックして再生を開始したときに、最大 25 円の料金が発生します。

 

バンパー広告

最長で6秒間のスキップ不可能な広告です。

CPM(Cost per Mille)課金制で掲載回数1000回毎に課金されます。

最近ではこのタイプとインストリーム広告と立て続けに広告が入るパターンが増えました。

 

オーバーレイ広告

動画の下部に表れる広告で、そのままでも動画を視聴することはできます。

右上の×ボタンで非表示にすることができます。

 

スポンサーはこれらの広告を、日に数百円、数千円と予算を決めることが出来ます。

また、ターゲットの地域、ジャンル、年齢層など詳しく設定が可能です。

 

広告付き動画の投稿するまでのプロセス

Youtubeの広告についてですが、誰でも広告付き動画を投稿できるものなのでしょうか?

広告付き動画を投稿するまでのプロセスについて軽く説明していきます。

 

YPPへの参加

『YouTube パートナー プログラム(YPP)』に参加する必要があります。

申請には要件があり、以下の全ての条件を満たす必要があります。

・YPP がお住まいの国で利用可能であること

・過去 12 か月間の総再生時間が 4,000 時間を超えていること

・チャンネル登録者が 1,000 人以上いること

・作成するコンテンツが YouTube パートナー プログラムのポリシーを遵守していること

・リンクされた承認済みの AdSense(アドセンス)アカウントがあること

 

 

アドセンスアカウントの取得方法

上記の条件のうち、アドセンスアカウントの承認が必要とあります。

アドセンスその取得については①ブログで取得する方法と②Youtubeで取得する方法とがあります。

①ブログで取得する場合

アドセンス審査のためのブログを開設する

記事を10から20ほど投稿する(記事数についてははっきりとはわかっていません)

そのブログを承認サイトからリンクさせグーグルアドセンス取得の申請を行う

1次審査と2次審査とあるのですが大体一週間程度で合否がわかります。

僕の場合1週間ほどでした

②Youtubeで取得する場合

アドセンス審査のためのYoutubeチャンネルを作る

そのYoutubeチャンネルに動画を1つ投稿する

そのYoutubeチャンネルを承認サイトにリンクさせグーグルアドセンス取得の申請を行う

合否は早ければ2~3日ほどで判明します。

 

世間で問題視された広告

広告というのは出せばいいというものではありません。

視聴者の意にそぐわなければ、時に逆効果になる場合もあります。

 

あべりょう

「テポドンの核弾頭が発射~♪」というフレーズで有名な『核攻撃サバイバー』という歌。

これは正体不明の謎のアーティスト(?)『あべりょう』によるものですが、一時期大量の動画に広告として貼り付けられていました。

その他にも社会風刺をテーマにした歌を多数広告として流していたのですが、『スカイダイビング中のインストラクターの裏切り』という歌が『気味が悪い』『不愉快』と不快感を示す人が多数出現。

性的虐待をテーマに歌ってはいるのですが、非常に生々しく、動画を見る前に一方的に流れるため大炎上となりました。

これを気に広告で彼の歌を見ることは無くなりました。

 

怪しい?大儲けできるようになるという90分の広告

広告が始まるやいなや「この動画では今まで明かされることのなかった「あの秘密が」ついに!明かされました…」などと迫る謎の広告。

広告の長さは90分以上もあることで話題となりました。

これは『シム』という株の予測ソフトの広告で、事前に100万円支払う必要があるとのこと。

※流石に怪しすぎると、『個人的ブログ&技術メモ』というブログでこの広告主を調査したようですが、名誉棄損で訴えると警告を受ける羽目に。

コメント欄もかなりあれているので触らぬ神に祟りなし…

しかし再びこれに似た広告を見かけるようになりました。

広告そのものは短くなったのですが、外部リンクへのクリックを勧めてきます。

Youtubeで動画を見ようというのに外部リンクへ移動させようとするには考えさせられますね。

 

牛乳石鹸

『牛乳石鹸』は大阪府に拠点を置く牛乳石鹸共進社株式会社の商品です。

日夜仕事に追われているにもかかわらず、奥さんに小間使いにされクタクタの毎日。

子どもの誕生日、プレゼントケーキやケーキのお使いを頼まれるも、顎で使われることに反発し同僚と飲んで帰ります。

家に帰って奥さんに叱られますが、お風呂に入り自問自答しますが、牛乳石鹸で体も心もリフレッシュ。

お風呂からあがって奥さんに一言詫び、子供と三人でケーキを囲むという広告。

この内容にツイッターやネット掲示板には

「ただただ不快な気分になる」

「子どもの誕生日に飲んで帰って来て何を洗い流すの!?」

「本当に意味不明だった」

「何を言いたいのこれ…」

などの投稿が相次ぎました。

しかし

「いろいろな見方ができて奥が深い」

「いろいろな解釈ができて面白い」

など擁護する声も多数あります。

たしかに男性の気持ちは理解できますが、牛乳石鹸となんの関係があるのか?と言われれば悩むところでもありますね。

 

過去のポスターまで炎上する事態に

この炎上、過去に制作された牛乳石鹸の広告ポスターにも飛び火する羽目になりました。

若手社員を泣かせて自責の念にかられているようですが、モノクロ画像でにっこり笑っている様は少々不気味に感じます。

いったい牛乳石鹸となんの関係があるのか、これにも疑問に思わざるを得ませんが…

まさか企業もこのような事態になるとは思わなかったでしょう。

ネットで広告を出すということは、こういったリスクをもはらんでいることを痛感させます。

 

(個人的に)ちょっと嫌なタイプの広告

NO 握手会 イラスト

おそらく広告やCMが大好き!という人はいないでしょう。

広告が邪魔なら有料会員になれ!というスタンスはYoutubeでもニコニコ動画でも同じこと。

広告について色々考えるべきところもありますが、個人的に『この手のCMは苦手』というものもあります。

 

ダラダラと長い

CMの中には妙にダラダラと話しこむものがあります。

さっさと動画を見たい僕としてはスキップ連打案件です。

 

辛気臭い

ダラダラと長い、というか、いつまでも喋り続けているものは大体この手のタイプです。

生い立ちや苦労話、病気やケガなど保険や医療関係のCMに見られがちですが、動画を見る前にハッキリ言って興味ありません。

 

有名人をただ使うだけ

例えば某アイドルが「平成最後のCMだから見てくださーい」と冒頭で発言し、CMに移るCM。

個人的にはCMしかり映画しかり芸術しかり、作品というのは「見てもらえないほうが悪い」という価値観があります。

「見てください」とお願いするスタンスが、なにか嫌なんですね。

CMにマジレスすんなって言われそう…

 

ユーチューバーが自身のチャンネルの広告を出している

具体的に何が嫌なの?といわれても説明できないのですが、なんとなく違和感を感じます。

「ちょっと違うんじゃない?」ってなります。

 

広告が多すぎる

最近本当によく見かけます。

もう動画を見る前に広告の数を確認するようになりました。

 

スポンサーとしては二の次?視聴者の選り好み

僕の広告への好き嫌いに関して一つくらいは共感できるものもあったはず(だよね?)

しかしこれらの広告について、興味がないのであれば、30秒経つまでにスキップしてくれた方が有難いのがスポンサーの本音。

端的にいえば人の選り好みなど百も承知で、スキップされたからといって懐が痛むわけではありません。

視聴者のニーズや好みをグーグル検索したワードやアカウント情報から選別し、もっとも購買客として可能性の高い選別しています。

たとえ一人くらい気に入らなくとも、他の人が気に入ってくれればそれでいいのです。

むしろ広告を最後まで見てくれる人にこそ広告料を払う価値があります。

 

あべりょうの広告に意味はあった?

先ほど紹介した『核攻撃サバイバー』。

一説には彼の歌の広告費は数千万円に上ると言われており、彼が何者で、何の目的があって自身の歌を広告に出したのかは謎に包まれています。

司法書士である、資産家であるなどという噂はありますが定かではありません。広告についてはただの趣味という話もありますが…

2017年5月8日にYouTubeに投稿され、2018年12月20日の時点で再生回数3000万を越えています。

またミラーサイトが多数あり、すべてひっくるめると5000万を突破するでしょう。

しかし、仮に全ての動画に広告が張り付けてあるとしても、とても広告費をペイできるものではありません。

100万再生で5~10万円といわれていますので、彼は赤字でこれをやっていることになりますが…

あべりょうの歌はカラオケでも配信されており、Youtubeの広告収入だけでは計り知れない効果を生んでいます。

また例によって30秒経つまでにスキップしてくれれば広告費はかかりません。

冒頭にインパクトのあるフレーズやメロディで視聴者を刺激できれば、それだけで計り知れない宣伝効果になるのです。

もし歌の告知や広報というのであれば目的は達している、と考えることもできるのです。

 

逆境のユーチューバー

一円玉 イラスト

かつてユーチューバーの広告収入は1再生0.1円とわりかし高額でした。

しかしこれを聞きつけたユーチューバーが殺到。

1再生当たりの単価は0.05円ほどと大幅ダウン。

また、組織による再生回数の水増し疑惑も問題視され、再生回数のみならず再生時間まで考慮されることとなりました。

そのためか10分程の同に5つ以上の広告が挿入されていることも珍しくありません。

最近では立て続けに広告が流れるものも、たくさん見られるようになりました。

動画の数と広告費とで釣り合いが合わなくなってきているのでしょう。

いずれは今の地上波デジタル放送のように、番組中急に広告枠が出現したりするようになるかもしれませんね。







こんな記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。