植物にも感情はあるとすることをIKEAが証明!?ただし…

なすび イラスト






このほど、あの『IKEA』が面白い事を発表しました。

植物に対して、人間の言語により『愛情』を注ぐことで、成長に差がでるとのこと。

同じ植物を二つ用意し、片方には愛情豊かに、もう片方にはヘイトを吐きかけるということですが…

このように、両者の成長具合に驚くべき差が生まれました。

うっぴー
一目瞭然すぎる?

一部の海外メディアで取り上げられ、ネットも騒然、「この結果は一目瞭然!」「いじめられた方かわいそうに…」「どうせならプラスの影響を与えられる人になりたい」「ありそうでなかった実験だ」と人々の注目を集めたのですが、それらの意見とは逆に、「光の当たる場所に置かれなかった?」「片方の土に栄養剤を混ぜていたとか」「音聞く器官あるの?」など様々な意見が飛び交いました。

 

IKEAが行った研究


この実験はとある学校にて行われ、2つの同じ鉢に入れた同じ植物を学校の片隅に放置。

一方を可愛がり、もう一方を蔑みました。

これを一カ月間行い、植物の成長経過を見守るというものです。

うっぴー
個人的には子供たちにこんなことをさせるのは好きじゃないのですが…

いじめ防止の社会活動

IKEAはスウェーデン発のといったら家具やインテリアの販売店です。

そのIKEAがどうしてこのような実験を行ったのでしょうか?

「良く褒められる子は良く育つ」など耳にしてきたと思いますが、それをそのまま再現しようとする試みです。

これにより、実験を行ったIKEA UAEは植物にも感情はあり、接し方や表現次第でこのような差が生まれることを立証しました。

うっぴー
植物にも感情があるのなら、材木にするの可哀そうじゃない?

 

バクスター効果?

what? イラスト

この植物に感情があるとする理論を「バクスター効果」といいます。

1966年アメリカのクリーヴ・バクスターが行なっていた研究で発見した現象です。

ポリグラフ(嘘発見器)専門家であったバクスターは、植物にポリグラフを接続、するとまるで思考するかのような反応を示しました。

これによりバクスターは「植物には感情がある」「思考する」と発表したのです。

うっぴー
ヤンジャンコミックスの『嘘喰い』でもこの理論を用いた(と思わせた)イカサマがありましたね

 

バクスター効果は信用できる?

研究員 女性 イラスト

確かにクラシックなどの音楽を植物に聞かせると、良く育つなどという話はあります。

これについて、イタリアのフィレンツェ大学で植物の知性を研究しているステファノ・マンクソー教授(Stefano Mancuso)がこの説が本当かどうか、モーツァルトの音楽を用いて実験いたしました。

彼は以下のような結論に至っています。

 

・ぶどうの木には音楽を理解する能力はないし、モーツァルトを喜ぶということもない。

・ぶどうの木は、音による振動と音の周波数を関知することが出来る。

・ぶどうの木は100~400ヘルツという低い周波数に影響をうけ、結果として病原性をもつ昆虫による被害が減少する。

 

つまり、あくまで音波による振動によるもので、植物そのものが感情を持つことはない、とする結論です。

 

バクスター効果はインチキ?

この理論ができてから様々な意見が飛び交いましたが、やはり否定的な意見が圧倒的でした。

 

・神経組織のない植物に感情の伝達はありえない

・超心理学会や心理学者も否定

・彼(バクスター)が発表したことは、みな誤りだと立証できる

 

など燦々たる言われようです。

うっぴー
超心理学とは既知の自然の法則では説明できない現象、いわゆる能力や超常現象の存在や、その仕組みを研究する学問分野のことです

やっぱり信憑性に欠ける理論

NO 握手会 イラスト

IKEAが行った研究について、感銘を受ける一方、やはり受け入れがたいというのが僕の本音です。

百歩譲って植物に感情があるにしても、人間の言語を理解するなどあり得ないでしょう。

ただ、企業がいじめ防止など、社会貢献活動をする姿勢は、見習うべきところがあるかと思います。

 

おまけ 植物以外も人間の言語を理解できる?

人口知能 AI イラスト

植物に言語が伝わるというのであれば、そのほかのものにはどうでしょうか?

ちょっと興味があるものを集めてみました。

バウリンガルを使って犯人捜し

うっぴー
このワンちゃんの表情がツボww

一昔前、『バウリンガル』というおもちゃが発売されたことを、皆さんは覚えているでしょうか?

これはバイリンガルと掛けたオモチャなのですが、犬の感情を人間の言語で表そうというものです。

かつて韓国の警察で、放火殺人を犯した犯罪者を探り当てようとする試みが行われましたが、反応なし。

犬の感情を読み取るにしても、思考までも読み取れるものではありませんでした。

うっぴー
警察犬のように訓練されるとかなら話は別かもしれません

1日100万回の「ありがとう」

皆さんも一度は口にしたことがあるであろうタマゴボーロ。

これを制作している『竹田製菓』では、主力商品のタマゴボーロに加え、麦ふぁ~のお菓子に、1日100万回「ありがとう」の言葉を聞かせているといいます。

保育園児50人ほどの一斉の「ありがとう」を製造ライン中に聞かせまくるのです。

社長曰く、こうすることで味が一際良くなるとのことですが、スピーカーから連呼される園児たちの「ありがとう」の声は工場中に響き渡り、従業員の耳に飛び込みます。

これには一部ネットで「拷問」「洗脳」など非難轟々。

うっぴー
YouTubeに上げられていた工場風景は見れなくなりましたので、代わりといったらなんですが…

うっぴー
あ、頭が…

存外人間相手への言葉責めはうまくいかないのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。