クリ奨の悲劇!ニコニコ生主、ちっとも稼げないようになり阿鼻叫喚

消費税 イラスト






2017年10月より始まったニコニコ生放送への『クリエイター奨励プログラム』

早い話がニコニコ生放送でお金を稼げるようになるというもの。

しかし、そのシステムは非常にややこしく、なかなか自体を把握しきれません。

そんな中、ニコ生主たちが今月分の動画のスコアを見て愕然としているのです。

クリエイター奨励プログラムとは?

500円玉 イラスト

クリエイター奨励プログラム(クリ奨)とは、クリ奨申請したニコニコの動画にスコアを付け、そのスコアに応じて金銭を支払うというもの。

つまり動画のスコアが高ければ高いほど、より儲けられるというものです。

しかし問題なのは、そのスコアの評価について。

このスコアは再生数、コメント数などが関係しているといいますが、はっきりとは判明していません。

運営も非公開にしています。

予想スコアに四苦八苦

クリ奨には『予想スコア』というものがあり、読んで字のごとく、「このままいけば○○~✖✖円」と予想してくれます。

『子ども手当』とは、この動画を参考(もしくは引用)した動画に入ったスコアの一部が還元される仕組みです

つまり、この動画は14,863~29,727点の範囲内で加点されるということになります。

このスコアがそのまま現金になる仕様です。

 

クリ奨スコアが大金に?

クリ奨スコアは締め日から4ヶ月後に決定、支払われます。

本当に還元されるのか、どれくらい稼げるのかなど、一部の生主たちの間でも話題となりました。

去年の10月から開始してちょうど4ヵ月が経ち、今年2月、ついにニコ生主たちに還元。

個人差はあれど数万~数十万円と、確かに還元されることとなり、ニコ生主たちは大興奮。

「ドワンゴ(ニコニコの運営会社)に一生ついていく!」と豪語する者まで現れます。

 

予想スコア激減で生主絶句

2月のクリ奨に狂喜乱舞のニコ生主たち。

しかし、その興奮も長くは続きません。

今月収録した生放送番組の予想スコアが激減。

なんと10月の1/10程度にまで下がってしまったというのです。

 

予想スコアの仕組み

クリ奨に振り分けられる予算はニコニコの月額500円のプレミアム会員費の一部が充てられており、上限は決まっています。

広告や投げ銭システムのような、広告再生やアイテム課金のような出来高ではなく、生主たちの『山分け』ということになります。

つまり、クリ奨動画が増えれば増えるほど、分け前が減ることになります。

参入者が増えすぎたから?

先ほども言ったように、クリ奨の詳しい評価方式や分配方法などは明らかになっていませんが、クリ奨が儲かるとわかった参入者が、増えすぎたために起きた事態と考えられます。

ニコ生主たちはこぞってクリ奨スコアを動画などで見せびらかし、振り込まれたか否かについても赤裸々に語っていました。

これが仇になった形です。

 

思ったほどプレミアム会員が増えない?

クリ奨の予算はプレミアム会員費から出ています。

これが増えないことには貰える金額の上限は上がりません。

ニコ生主は30代が40%、40代が40%といいます。

かなり視聴者を厳選するかもしれません。

 

振り込み失敗?よくわからないクリ奨

BAD イラスト

クリ奨のシステムの問題は、何もそのスコアの計算方法だけではありません。

クリ奨スコアを現金化するには、運営から送られてくるメールに従わねばならないのですが、これをしくじると、以降現金化できなくなります。

 

失敗ってなんなの…

具体的にはスコアの現金化を要請→楽天銀行からメール→手続きの流れですが、これを45日以内にしない、もしくは手順を間違えると、今後二度と現金化できなくなります。

一応ニコニコのポイントとしてなら使えるようですが…

 

本当に大丈夫?ニコキャス

今月28日から『ニコキャス(nicocas)』とよばれる新しいサービスが始まる予定です。

これは生放送中、視聴者が動画の加工など、双方向性の機能を持った新しいサービスです。

また、ニコキャスの放送中に視聴者が広告(有料)を挟むことにより、クリ奨スコアへ加算されるようになる機能も追加されますので、より一層稼ぎやすくなる(?)との話です。

 

ニコニコの抱える矛盾

今ニコニコは逃げて行ったユーザーたちを引き戻そうと必死です。

なんとか生主を増やそうと始めたクリ奨スコアですが、生主が増えるにつれて手取りが減ってしまう、生放送主がプレミアム会員の増加につながらないといった二律背反に陥っています。

このままいってもうまくいくかどうかは難しいといえるでしょう。

 

最後に

まぁ、ニコ生といっても大体がくっちゃべってるだけで、外配信しても一般人に何かしらの迷惑や問題をかけている印象の方が強いのが本音。

ただアングラ化が進んでいるだけのようにしか見えません。

もっとシンプルで話題に富んだシステムでないと、復活できないでしょう。

もっと詳しく知りたい方はこちらをどうぞ!

2月28日より『niconico(く)』開始…はたして起死回生となるか?※延期となりました







こんな記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。