PCデポ、懲りていなかった…高額解除手数料、ふたたび

不死鳥 フェニックス イラスト






PCデポ…かつて、高齢者を相手にオーバーな契約を結び、解約すると高額な手数料と取ったことで、ネットやSNSで炎上しました。

騒動後は静かになっていたのですが、最近になってツイッターの一部で炎上。

特に何も変わっていない様子です。

2016年8月PCデポ 炎上

ツイッター炎上

PCデポ(株式会社ピーシーデポコーポレーション)とは神奈川県を基盤に首都圏などでパソコン販売をする企業です。

2016年8月14日、高齢者の父が月額15000円以上もする高額サポートを結んでしまったので、その親族がこの解約を求めると、解除手数料として20万円もの大金を請求する事案が発生。

さらに交渉して何とか値下げしてもらいましたが、それでも10万+消費税で10万と8千円。

これに釈然としない息子がツイッターで明細を発表し大炎上に。テレビなどでも大々的に報道されるようになりました。

 

PCデポとの契約内容

高齢者の父親が結んだ契約というものが「オールデバイスがっちり得トクサポート&オールワイヤレスプラン(以下ワイヤレスプラン)」という月額4,150円のサポートプラン。

そして、250円のメール登録設定サービス、追加アップルケアプロテクションプラン352円、月額合計税込5,133円のサポート契約が結ばれておりました。

しかも、このワイヤレスプラン、計10台までサポートするというものです。

当時父親は一人暮らし。持っているものはノートパソコンと、この度購入したipad miniが一台。

うっぴー
計3台までで月額3150円のプランがあるのですが、こちらの方が妥当でしょう

これにより、その息子が解約を申し出ることとなります。

 

解約手数料の内訳

テレビ局の取材により判明したその内訳ですが、

・加入当月 約16万円

・12ヶ月後…約13万5000円

・36ヵ月後…約2万2000円

 

となっているそうで、テレビ局の取材に対しPCデポ担当者は「正しい金額設定だと思っています」と返答。

 

今後の対応について

また、その取材において今後の対応について触れました。

・75歳以上や使用状況にそぐわない加入者について→無償でコース変更や解除

・70歳以上の人の新規加入時→家族や第三者の確認

・教育・運用・管理監督を強化

 

うっぴー
テレビ番組内でコメンテーターの長嶋一茂氏は「対応もいいけど、被害にあった人は最初からやっとけ、と思う」

PCデポ、収まらない炎上騒動

ストライク イラスト

トウゼンカード流出

この炎上騒動は契約のみならず、その業務体系にまで波及。

組織ぐるみであったか否かについて、PCデポの野島隆久社長が「そのような営業指示を出したことはない」と釈明。ノルマなどの強制もなく、あくまで店舗側の暴走であるとの見解を示しました。

しかし、内部告発によりPCデポの『トウゼンカード』の情報が流出。

字が細かいのでなんですが、かなり細かく指示が出ています。

これは『やって当然』という意味なので、達成しても昇給などなく、未達成なら減給の対象になります。

うっぴー
ブラックすぎる…

サイバーシェリフセンター

PCデポ本部ではこのセンターが設置されており、本部が核店舗に直接指示を出す運営方法をとっていました。

以前扱いましたね。某○○寿司と一緒の発想

ブラック企業大歓喜!?「労働者の暇な時間は11兆円の損失」アメリカ発表

HDD5TBが8500円!?

この騒動により一躍有名になったPCデポですが、別件においても炎上案件が…

販売店で売っているHDDが5TBで8500円の見出しが。

ちなみにアマゾンの最も安いやつです。

4TBのものですが、価格は9180円します。

ですので破格の値段…かと思いきやどうやら違うようで、内臓1TB+『クラウド』4TBとあります。

4TBクラウド無料モニターキャンペン実施中との文字が…

購入月を含む12ヵ月間は無料で、以降は年13000円の更新料金で利用できると書かれています。

このような商品+契約の抱き合わせ商品が他にも見つかり、火に油を注ぐことになりました。

 

PCデポ、株価暴落

今回の件によりツイート拡散前の株価は1500円前後だったものが同週末には1000円前後、週明けから10日程で700円台にまで下がりました。

これにより「倒産目前か?」と、当時は囁かれました。

うっぴー
PCデポは起死回生の一手を…

消費者庁長官がアドバイザーに就任(天下り)

消費者庁長官の阿南久(あなん ひさ)氏がPCデポのアドバイザーに就任。

※女性です(名前だけではちょっとわからなかったので)現在も非常勤の消費者庁参与をしている方です。平成28年12月28日、公益財団法人横浜市消費者協会の理事長に就任しました。

これについてツイッター上では批判が殺到。国会では「用心棒みたい」と指摘されたのですが、消費者庁、PCデポ共に「天下りではない」と釈明しています。

また、当時PCデポではJ-CASTニュースの取材に対し、「消費者の代表として月1回の定例会議で企業を改善するためのアドバイスを頂いている」「規制を見逃してもらおうということではないです」と答えています。

 

天下りとは?

ところで、天下りという言葉についてですが、元来『神が天から舞い降りる』という天孫降臨などの意味を指していました。

しかし、現在では政治家、官僚など、国家の中枢もしくは階級ピラミッドの上位にいた者が、その時蓄えた人脈などを駆使して、その外郭団体などの重役につくことを言います。

うっぴー
最近では『就職斡旋』とも言うようですね

高額解除料、ふたたび

最近になって、また、前述したような高額解除手数料を求められるケースが、ツイッターで出回りました。


なお、当時(現職)の岡村和美消費者庁長官は、この高額解除料のクレームについて「相談の状況を注視して参りたい」と発言。

うっぴー
注視も無意味に、変わっていないということになります。

変わらないPCデポ

17年4月よりPCデポは会員規約を改定。しかし書面ではなくHP上に掲載しています。

・機器の所有権について

・18歳未満との契約時に法定代理人の承諾をもらうとの記載が消える

・申込者とクレジット名義が違っていても、PCデポが催促し変更を促す

・これらの変更について、通知の日から30日以内に異議を唱えない場合、了承したとみなす

引用元 オレ的ゲーム速報@JIN

 

うっぴー
何とかして以前の体制に戻そうとする意図が見え見えですね

総括

この件で何が一番大きいかといえば、やはり元消費者庁長官が顧問についてことでしょう。

結局ほとぼりが冷めるのを待て、ということで間違いなかったかと思います。

「何が悪い?」と聞かれても、答える返答が「ぼったくり」「ブラック」だけであるならば、「こなけりゃいい」という話になるだけかもしれません。

何より重要なのが、この手の契約内容の訴訟において、ほとんどのケースで原告(消費者)側が敗訴しているそうです。

うっぴー
十中八九が企業、国の勝利で終わると、弁護士の教授が言っていました

うまくそこを突いているのかもしれません。

PCデポのやり方が違法かどうかについては、はっきりいって僕では判断できません。

なので、もし気に入らなければ行かないに越したことはない。これに尽きると思います。

 

おまけ

PCデポ、サービス事業好調?→『iPhone8/Xのバリューパック契約はサービス枠に載ります。』

以下全文 さーてんぷ.com

うっぴー
…これもうわかんねぇな






こんな記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。