民進、立憲、希望の野党三党が仲良く草野球チームを結成…その名も『カチマス』

カチマス






10月の衆院選以降、あまり政治ネタを取り扱ってなかったのですが、最近また野党が面白ネタを投入してくれました。

なんでも、民進、立憲、希望の野党三党が親睦を深めるため今月5日、草野球チームを結成しました。

チーム名は「カチマス」。野球経験者が多数います。

「全員野球で一致結束」がスローガンです。

カチマスの経緯

 

このカチマスは2016年「民進カチマス」として結成されたものです。当時の主将は高校野球経験者の前原誠司氏でマネージャーは山根志桜里氏が務めます。

草野球を通し党の結束と、地元住民との親睦を図る狙いがありました。

 

惨敗?

野球 少年 イラスト

当時女子中学生チームと対戦した時、1-8の惨敗を喫しています。また2017年9月、福島の少年野球チームと対戦しましたが3-10の惨敗。

うっぴー
なんやそれ

民進分裂後はチームも分裂

 

マネージャーを務める山根志桜里氏が不倫問題で離党することとなり、その影響で前原氏も欠場しました。約40人の民進カチマスメンバーも公務などを理由に欠席。10人弱しか集まらなかったため、地元福島の建議や市議らの急増メンバーで対戦しました。

民進党分裂後活動を休止していましたが、希望の党入りした前原氏が復活を呼びかけ、このたび民進カチマスは超党派議員連盟「カチマス」として再結成。

主将は民進カチマスに引き続き前原氏が務めます。

 

経費は?

転がる 100円 イラスト

このチームの結成は超党派議員による親睦を深め、モリカケ問題で揺れる与党を一致団結して打ち負かそうというプロパガンダです。しかし、議員の給料は税金です。国会議員は月額129万4000円。世界一高額な給料をもらっておきながらこの下らないお遊戯となれば、我々国民も浮かばれません。

草野球チームとなれば40人前後集まります。単純に129万4000円を月21日計算で日割りして6万2千円ほど。これを40人で掛ければ250万円近くの税金が、議員の給料としてただ消えていきます。

また、気になるのはそれらにかかった経費です。場所、道具、備品、ガソリン代などはどうなっているのでしょうか?政治活動費の名目であれば税金で補填できます。

今までの野党の厚顔無恥な振舞を考えても、これらの経費が政治活動費として有耶無耶となっていてもおかしくありません。

 

感想

 

民進カチマスはもう結成当初からその体を表していますね。

対戦したのが中学生チーム、しかも惨敗というのが失笑を誘います。

一応草野球自体は日曜日に開催してはいますが、そんなことのために議員になってもらったわけではありません。

 

最後にモリカケ問題についてですが・・・

民進 野球 4コマ

うっぴー
いい加減逆転不可能なことに気づいてください






こんな記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。