炎上商法は祭りの如し?叩かれる側はぼろ儲け?

炎上 火吹き






ネットを巡回していると度々目にする「炎上」騒動。

炎上とは世間の一般常識とはかけ離れた行動、発言によって起こるもので、犯罪行為の中継、公共を考えない身勝手な行為、一般常識とかけ離れた倫理観であったり、過激な発言で無碍に逆なですることで起こります。

うっぴー
一部の人は「ネット私刑」「ヘイト」とも言いますね。

この炎上、自身の発言や行動によって思わぬ形で起こる事もあれば、意図的に起こす場合もあります。

炎上は金になる!

ゴールド 金貨 金持ち イラスト 

 西野「2億近く儲けた」

12月3日、絵本作家の西野亮廣さんが、テレビ朝日系列の番組「EXD44」で、ネットで起こるこの炎上について語り、その中で自身の貯金額が「一億弱」あると告白しました

うっぴー
うらやましい…

ホリエモン「いつかは当たる」

また、ホリエモンこと堀江貴文さんは『週刊プレイボーイ』の対談コラムの中で、元「2ちゃんねる」管理人のひろゆき氏に、

「(過激な発言は)言い続けてると、ある瞬間にブレイクすることがあるからね。それがいつなのかはわからないけど。でも、だからこそ言い続けるしかないの。これからも俺はこのスタンスを変えないつもり」と発言しています

引用元 http://news.livedoor.com/article/detail/13929443/

うっぴー

そんなに美味しいのでしょうか?ゴクリ…

webサイトで収益となる仕組み

ネット広告でビジネスをする者ならわかると思いますが広告収入には主に3つのがあります。

 

1.クリック報酬型広告

Google AdSense が有名です。他には忍者アドマックス、nend などがあります。クリックするだけで収入が発生するため、収益になりやすいのが特徴です。

 

2.アフィリエイト

Webサイトで貼られているリンクをクリックし、商品を購入することでいくらかの手数料を貰えるシステムです。A8.netが有名です。

 

3.アメブロ

一般人はアフィリエイトなどの広告を貼ることはできませんが、有名人はアメブロと契約することで1000PVごとに30円の報酬が発生します。

これらに共通することは検索にしろリンクにしろ、自身のサイトに来てもらう必要があります。

 

グーグルの検索システム

研究員 男性 イラスト

おそらくほとんどの人が使うGoogle の検索エンジンですが、検索上位になるには法則があります。

俗にいう「SEO(Search Engine Optimization)検索エンジン最適化」と呼ばれるもので、SEOは様々な情報により、サイトを振るい分けます。

 

記事のボリューム

文字数、記事数です

コンテンツの質

閲覧者が求めている情報かどうか(コピペであると評価は下がります)。

ドメインパワー

URLへの信用の度合い。大きい企業のドメイン程強い。また古参であるものが強いとされています。

被リンク

自身のサイトへリンクが多いほど信用度が上がります。

 

記事タイトルは非常に重要

 

Googleの場合タイトルをキーワードによって抽出します。

例えば、「~メーカーのピアノが○○で売ってました」というタイトルであった場合、「~メーカー」「ピアノ」「○○」「売ってた」と単語に分け記憶します。

仮に「AがBを批判」という記事が話題となり、様々なブログでリンク貼りされ有名になったとすると、「A」はもちろん「B」で検索しても、「AがBを批判」という記事が検索トップに上がりやすくなり、また批判で検索しても「AがBを批判」という記事が上位に出やすくなります。

数多くの場所でリンク貼りされた記事をSEOは人気記事と判断。タイトルキーワードを検索上位に引き上げるのです。

炎上記事において、記事を読んだ人は興味を持ち検索してくれる可能性もあります。

こうやって自身のサイトに足を運ばせ、広告によって収益を上げているのです。

また、有料ブロマガをしている人や、TVに出ている有名人など炎上そのものが広告となる場合もあります。

うっぴー
今に始まったことではありませんが、注目されることは金儲けにつながりますね。

関連 【炎上女王】上西小百合氏、年内に芸能事務所と契約予定 出演したい番組は「プライムニュース」

 

炎上は最善な方法?

お得感いっぱいな炎上商法ですが常に有益とは限りません。

悪評がそのまま有益になり得ないからです。

「自業自得の人工透析患者は全員実費負担にせよ!無理だと泣くだけだからそのまま殺せ!」と自身のブログで発言した長谷川豊アナウンサー。

結果自身のレギュラー出演していた番組を全て降板する羽目に。この度の衆院選に維新から出馬するもあえなく落選。供託金900万円を没収されることとなりました。

また、注目欲しさに犯罪行為に手を染める者も少なくありません。

最近ではブログではなく動画でも炎上騒ぎが見られます。

動画の広告収入欲しさの行動なのですが、一般人、警察官にちょっかいをかける、ボヤを起こす、暴力沙汰など後を絶ちません。

犯罪行為として逮捕されるケースも多く、広告収入を考えても全くわりに合わないでしょう。

 

まとめ

 

炎上はブログの広告収入などであれば有益となるでしょうが、その他の面ではネガティブなイメージがつきやすく、非常に心許ない手段と言えるでしょう。

しかし、炎上させずに知名度を上げるのはすごく苦労するのも事実です。

SEOの話に戻れば、上位に記載されるためには Google の信用を得ないといけません。

有用なコンテンツを、オリジナルの文で、数千文字書き、定期的に更新する。これを長い期間行ってようやく、上位に載せてくれるようになります。

うっぴー
なかなか大変なんですよね…コレが…

しかし、私のハートの小ささはスズメクラスです。とてもじゃないですが、炎上商法を狙えるような度胸は持ち合わせておりません。

炎上商法はあくまで自己責任。

炎上商法 4コマ

うっぴー
興味があっても迂闊に手を出さないほうが身のためでしょう

関連 Google AdSense の審査に合格しました。(17.11.5)







こんな記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。