傍から見れば日本人は嘘つき?アメリカが指摘する6つの嘘とは?

赤ずきん 狼 イラスト






2017年11月23日、香港メディアの鳳凰網は米メディアの報道を引用し、「日本が人口時限爆弾問題に直面していると言える理由」について分析する記事を掲載した。

以下全文 http://news.livedoor.com/article/detail/13939131/

今、日本は国際社会において、企業の相次ぐ不祥事などで信用が低下しています。

加えて他国に比べると突出して税金が高く、相続税の高さから「日本で死ねない」と揶揄されています。

また、「過労死」という言葉が「KAROUSI」とローマ字読みでも海外に通用するなど、一種の標語にもなっているようです。

昔から言われていた日本の美意識の高さが、今「嘘だったのではないか?」と言われ始めました。

 

アメリカが指摘する6つの嘘

 

ではまず、アメリカが指摘する日本の嘘を簡単にまとめたものから見ていきましょう。

 

1. 日本は経済強国?

日本のGDPは世界第三位の555兆円に上るが、負債はその倍以上の約1156兆円に上るため。

 

2. 日本人は職業倫理の模範?

昔から日本人は勤勉で真面目、仕事熱心と言われ続けてきたが、相次ぐパワハラ、セクハラや長時間労働による過労死、自殺、うつ病、生活習慣病など、様々なストレスに苛まれてる。

 

3. 日本の夫婦は愛し合わない?

日本人は夫婦間であまり性行為をしない(性に無関心)といわれてきたが、実のところ、夫婦共働きなどで、働きすぎが原因で愛し合う暇がないのではないか。

 

4. 長生きは美徳?

健康的で、長寿であることは確かにいいにはいいが、社会保障の観点からすれば国の財政を圧迫することになる。人口統計と経済データから刑務所は老人ホームと化し、若者は多大な税金を納めることになる。

 

5. 日本の電化製品は最先端?

90年代は確かに時代の最先端をいった電子製品も、今ではガラパゴス化していると指摘。これは日本の業界が閉鎖的で、海外に対する関心が低いことが原因である。

 

6. ロボットが進化の証?

日本が人工知能を発展させようとしているのは、日本の労働力が低下しているためであり、ロボットの発展は日本社会の正常な運航を維持するためである。

 

本当にそうなの?

 

耳に痛い内容ばかりの指摘ばかりですね。しかし若干一方的なような意見もちらほら・・・

順を追って考えてみましょう。当たっていれば〇、違うなら✖、どうだろう…的なニュアンスなら△とします。

※これは完全に僕の独断です。あしからず。

 

Q.日本は経済強国? 

A.△

確かに日本の負債はGDPの倍はありますが、日本の家計金融資産額は1832兆円(2017.9月現在)に上ります。経済強国かどうかはさておいて、この数字だけで日本を把握するのは少々厳しいかと思います。

うっぴー
ていうかアメリカ国債押し付けてるのお前らだろ!(怒)

 

Q.日本人は職業倫理の模範?

A.〇

これは、辛辣になりますね…確かに西欧諸国に比べて上意下達が強く、職場が窮屈なのは様々な面からも見られます。

非正規雇用の拡大、賃金格差、慢性的な人手不足、業種別労働求人倍率の違いなど、職業倫理の観点と言われれば、文字通り目を覆いたくなるのが現実です。

日本の労働倫理、責任を取ろうとしない責任者、もしくは責任者たちの強烈なプレッシャーともいえる上意下達の構造が大きな悪因ではないかと思います。

Q.日本の夫婦は愛し合わない?

A.△

これは世帯で差があると思いますが、増税などにより年々サラリーマンの収入が減っています。それに伴って住まいも狭くなりがちです。

つまり、子どもなどに配慮して、性行為をすることができない、というのも大きな理由と言えるでしょう。

 

Q.長生きは美徳?

A.〇

指摘通り若者と老人の比率の割合は厳しいです。長寿は良いとされていますが、現実は長命なだけであり、病院通い、薬漬けの高齢者がほとんどです。これらが社会保障の大きな負担となり、国庫を圧迫しています。

加えて、保育所の設立において、子供の声を騒音と捉える押しつけがましい物言いが社会問題化しています。長生きもさることながら、この高齢者の振舞も深刻な問題といえます。

Q.日本の電化製品は最先端?

A.〇

以前でも取り上げましたが、外国慣れした日本人の指揮監督者が育っていない、というのが大きな要因ではないでしょうか?

そのため日本人向けの製品ばかりになり、元手の掛からないアプリや機能を詰め込みすぎる。結果、使い勝手の悪い日本製よりシンプルな外国製を求めるようになる。といった悪循環に陥っているように思えます。

Q.ロボットが進化の証?

A.✖

そのためのロボットでしょう!

というのが率直な感想です。

うっぴー
ロボットと友達になろうという日本人は少ないかと思います。

関連 次世代ロボットはぴょんぴょん跳ねるよ!

関連【快挙】AI搭載の人型ロボットが医師試験に合格

 

嘘というより試練に近い?

今回の記事でいえるのは、「嘘」という扱い以上に「社会問題」といって差し支えないことばかりだと思います。日本でも取りだたされている事ばかりで、我々も自覚しています。

日本でもこれらの状況を何とか打開しようと模索しているのですが、やはり技術の発展こそが打開策であり、企業の内部留保、理系の技術者の流出を防ぐ具体的な措置がないことには、この状況は打破できないかと思います。

もっと詰めて言えば日本人の精神論からくる優性意識の高さ、そしてそこからの人材育成の欠如が全ての元凶ではないでしょうか?

 

日本の希望は「円」の強さ

最後に、日本の「円」の強さはいまだ健在です。

ポテンシャルはまだまだ秘めていると思います。それをいかにして引き出すか、が今後の日本の課題ではないでしょうか?

うっぴー
資源もないのに頑張っている方だと思いますよ?






こんな記事も読まれています

1 個のコメント

  • まあアメリカ人は他人の国をどうこう言える立場じゃないと思いますけどね

    人種差別、格差社会、戦争経済、麻薬中毒、不法移民問題、そして国民の10%が英語が喋れない&読み書きできない、
    ニューヨークがどこにあるのかも分からないと問題が山積みなので、日本についてダメだしするよりも自分と向き合うべき

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。