増え続けるホームレス、13~25歳の若年層は全米に420万人以上 日本でも貧困化か増加の一途

ホームレス 貧乏






【AFP=時事】米国では13~25歳の若年層ホームレスが400万人以上に上っているという報告書が15日、発表された。若年層ホームレスを包括的に調査する米国初の試みだという。

以下全文 http://news.livedoor.com/article/detail/13899870/ 

 

現在アメリカ全土の人口は3億2000万人弱ですが、そのうちの420万人以上が若年層のホームレスだそうです。2009年の全米調査では50人に一人の子供がホームレスということだったのですが、今でもあまり変わっていないようです。

 

ホームレスになりやすい人物

 

ホームレスになりやすい人物の特徴としては幼少期、満足に勉強できない者であったり、精神疾患をもつ者であったり、社会生活を送ることが困難な者が多い。

 

LGBT問題

特に不法移民の問題で揺れるアメリカではアフリカ系やヒスパニック系のホームレスが多く、ヒスパニック系の多いカルフォルニア州ではホームレスが沢山いるとか。

また、LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー)の若者がホームレスになりやすいそうです。

 

各々の事情

18~25歳のホームレスの若者の大多数はずっと前からホームレス生活をしているという話で、そのうち3分の1は家族や保護者が死去しており、家を追い出された、長年の虐待やネグレクトの末に家出する場合もあります。

また、ホームレス問題でも特に有名なのが退役軍人のケースです。アメリカ軍人の約80%が低学歴の人です。学歴社会のアメリカでは軍人生活からリタイアした後、一般の仕事に就くことはそう簡単な事ではありません。この問題は映画のモデルにもなりました。

 原題は「First Blood」

加えて、兵士は戦争の前線に立つこともあります。PTSDなどになってしまうと、復帰プログラムについていけず、帰還後もゆっくり眠ることもできない。職につけても満足に働けないといった悪循環に陥り、結果ホームレス生活ということになるのです。

 

一度なると抜け出せない現状

 

ホームレスが特に多いのがニューヨークです。とある研究によると、調査した若者の25%が寝場所を提供してもらうために体の関係を持つといいます。

LGBTの若者は生活費のためにそういった状況に迫られる確率が非常に高く、そうでない若者の7倍も高いそうです。また都市研究所によれば、調査対象の若者の71%が警官と何らかのトラブルを起こしており、大半は不審者扱いで、尋問やボディーチェック絡みだそうです。

ニューヨーク州には「家出人と若年ホームレス法」という「全ての家出人と若年層のホームレスは、シェルターで保護されなければならない」と定めた法律があるそうですが、ベッドの空きがないため追い出されます。

一度ホームレスになってしまうと、社会復帰は非常に困難なものになるのです。

 

日本のホームレス事情

 

日本でもホームレスは度々問題になりました。ビニールハウスはもちろんのこと、勝手に公共の河川敷で菜園したりと問題になりました。

日本のホームレスは2003年の2万5296人から2015年6541人に激減しました。これは厚生労働省のホームレス対策などが功を制したようです。しかしこれには一つ問題があり、ネットカフェ難民などは含まれていません。貧困層が減少したということではないのです。

 

ネカフェで寝泊まりする貧困女性

 

ちょっと古い動画ですが、面白いので上げてみました。事情があってネカフェで寝泊まりする女性たちです。

ネカフェの個室が、まるでマイルームのように仕上げられています。

丸一日料金を支払い、時には何カ月もそこで生活するそうですが、動画内の女性は夜のお仕事をされているかたばかりでした。

このネカフェは夜になると満員で、シャワー洗濯機完備(有料)でドリンク無料、ネット、漫画読み放題という特典もついて、一泊月払いで2000円弱で部屋を貸し切れるそうです。

 

漂うアロマ…

良心的な値段ですので、人によってはお得なのかもしれません。ただ匂いが嫌なのか、個室でアロマを焚く人もいるそうですから、匂いに敏感な人にはつらいかもしれません。

 

おしゃれなホームレス

 

ホームレスと言えば、汚れた服装なりアルミ缶を満々と積んだ、傷んだ自転車であったりと一目でわかったのですが、今の貧困層はそうではありません。

身なりに気を使い、一見しただけではわかりません。この「見えない貧困層」が増加しています。

 

日本の貧困率の高さは世界第7位

GDPで日本は世界第3位となっていますが、先進国35ヶ国の中で日本は7番目に貧困率が高さで、母子家庭や父子家庭の貧困率では日本は世界第1位なのです。

アメリカのホームレスの増加は決して対岸の火事とはいえません。

ホームレス 若者 イラスト 

ホームレス生活にはちょっとだけ興味あるんですけどね…







こんな記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。