省エネ、経済効果を上げるサマータイム、実は有害?

苦悩






サマータイムの本場とも言える米国の一部の州で、サマータイム廃止を検討する動きが進んでいると、複数の米国メディアが報じている。
夏を中心に時計を1時間すすめることで明るい時間を効率的に使い、夜を休息と余暇に当てることが主な目的だが、近年サマータイムによる脳卒中や心臓発作などの発症リスク増加を示唆する研究が発表されており、各地の州議会などから再検討を求める声が挙がっているというのだ。

以下全文
http://news.livedoor.com/article/detail/13895033/

日本でも一時期騒がれたサマータイム。

夏場夜明けが早くなる事を利用して、労働時間を1時間早めにずらすことで無駄な電力の消費を避けるという試みです。

このサマータイム発祥の地アメリカでも、その効果について疑問視されてきたようです。

というのも、健康リスクが上がるという調査結果が出てきました。

 

サマータイムの実態

 

脳卒中率アップ

2016年にはフィンランドのトゥルク大学の研究者らが10年分のフィンランドの脳卒中症例データを調査し、サマータイム中の脳卒中発症率がそれ以外の期間に比べ25%高くなったと発表。

同様の研究結果は他国の研究者からも報告されていました。季節の変わり目の時期に生活サイクルが急変することで、血管や心臓に負荷がかかると指摘するものもあった。

 

交通事故率アップ

また、サマータイム開始と終了の2週間前後は交通事故数が16%増加するとの調査結果が出ている。

これらのネガティブな報告を受け、マサチューセッツ州とメイン州が※DSTを取りやめる方向であると、ロサンゼルスタイムズやCNN、NBCが報道。

うっぴー
アメリカではサマータイムを「Daylight Saving Time(DST)」といいます。

11月1日付の「ロサンゼルス・タイムズ」紙の取材に答えたメイン州議会のドンナ・ベイリー議員は「DSTによって生じる健康への害を示す多くの研究がある」と回答。

 

心臓発作を体験できる?

「DSTのおかげでメイン州の住民は睡眠時間を1時間失い、交通事故や職場での事故、心臓発作を体験出来ます。通常時からサマータイムへの時間切り替え対応で発生する数千万ドルのコストと、多くの人命を危険にさらすべきではありません」と、サマータイムを一笑した。

 

サマータイムの経済効果

 

始まりはロウソクの節約から

サマータイムは日照時間を利用して省エネを促すもの。元を辿れば1784年にアメリカの「ベンジャミン・フランクリン」がロウソクを節約するために行ったのが始まりといいます。

この制度をアメリカが実際に制度化したのは第一次大戦が初めてで、戦争のために資源を節約するのが目的だったそうです。1970年代の石油危機の際行われたサマータイムで、電力消費が約1%減ったとか。

ベンジャミン・フランクリン(1706~1790)

消費電力が余計にかかる?

その後2006年インディアナ州でサマータイムが初めて全州導入されたが、住宅の電力消費が1%増え、電気代が900万ドル余計にかかってしまいました。

これは夏の夕方の冷房と,早春・晩秋の朝方の暖房向けに電力需要が増えたことが原因との見方が強いとのこと。

2007年全米規模で行われたがサマータイムであったが、カルフォルニア州のエネルギー背委員会は、同州のエネルギー消費量は0.2%減少したものの、統計誤差1.5%の範囲内に留まると発表。

 

やっぱり省エネ?

しかし、全米調査では全米67の電力会社を調査、家庭用、商業用電力と合わせた電力では1日当たり約0.5%節約されたとしています。

 

地域差がある?

経度が関係する地域調査では、気候によって調査内容にムラがあることが判明。結局サマータイムには向き不向きな地域があるということでサマータイムは結論付けられました。

 

失敗続きのサマータイム

サマータイム 4コマ

うっぴー
制度に振り回される人々…(´・ω・`)

アメリカの占領下1948年~1951年の間、日本でもサマータイム(夏時刻法)が導入されていたそうです。しかし、当時のGHQが導入していたが1952年、講和条約により日本の政治的独立を境にサマータイムは廃止となりました。

農家の生活リズムの乱れ、残業が増加する労働条件悪化、交通機関の混乱などが廃止の原因です。

うっぴー
いつの時代もサマータイムは失敗していたそんですね。

最近の日本でも数年実施されていましたが、先に書いたように具体的な利点が見えず廃止されました。中国も実施した時期はあったそうですが、結局廃止となったそうです。

ロウソクの節約といった具体的なものを個人でやるなら効果的でしょうが、現代では通用しない価値観でしょう。

どれだけ時間をずらしても、1日24時間なことに変わりはありませんからね。これを変えれれば別なのでしょうが…

うっぴー
夏だけ26時間とかだったら…どの道体が持ちませんよね()






こんな記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。