東芝、サザエさんに続きPC、テレビ事業からも撤退か?

東芝製品






東芝が9日発表した2017年9月中間連結決算は、純損益が497億円の赤字(前年同期は1153億円の黒字)となった。半導体子会社「東芝メモリ」の売却に伴う税金を先行して計上したためで、通期の18年3月期も純損益は1100億円の赤字となる見通しだ。構造改革を一段と進める方針で、不採算のパソコン(PC)、テレビについては事業撤退を含め検討する。

引用元https://www.jiji.com/jc/article?k=2017110900665

試される東芝

サザエさんに続き、TV、PC業からも撤退する考えを示しました。

※12/13追記

pc事業の撤退は否定しました。

 

サザエさん降板

東芝がサザエさんのスポンサーを降りました。

HD-DVDの事業終息後、大規模なリストラや3500人に及ぶ早期退職者、粉飾決算、東証二部への降格、半導体事業の売却で大ピンチな東芝ですが、もう(というかやはり)サザエさんからも撤退するようです。

その後任はまだ決まっていないようですが、高須クリニックの高須院長が名乗りを上げたようです。
あの、「エネルギーとエレクトロニクスの東芝がお送りします」がもう聞けなくなるんですね。

大人になってからはほとんど見ることはありませんでしたが、子供の頃はよく見ていました。
それだけに残念です。

 

黒電話

 

昔懐かしの黒電話

個人的にはサザエさんといえば、この黒電話。私の祖母の家にも置いてありましたw
もう今のご時世では一家に一台の電話ではなく、家族それぞれが電話番号を持つ時代です。もしかしたらあの黒電話はなくなるのかも?
スポンサー次第では全員スマホ持ちもあり得るかもしれません。イメージアップのために、ドラえもんのように声優を一新するといったことが起こるかもしれません。

どうする!?東芝

確かに今はどのメーカーもテレビ、PC事業でも苦戦しているそうですし、安定した利益確保を誇る半導体事業の売却、分社化をも検討している現状では、これもしょうがないかもしれませんね。

しかし、東芝は19年から20年間に渡ってアメリカ産LNGを年間220万トン調達する契約を結んでいるようです。

しかし、販売先探しに難航しているとか・・・

今後売れる予定のないLNGを年間220万トン、20年間も購入する契約を結んでいるということは、そっち系でやっていこうという算段のようです。

東芝は半導体事業がなくなっても公共インフラ設備、原発事業で5兆円の売り上げがあると強気ですが、本当なんでしょうかね?

タコ 4コマ 自滅

うっぴー
(個人的には駄作の領域)

今後はどうなる?

やはり、主力である半導体事業を手放すのはタコが自分の足を食べて生きながらえるのと同じことではないでしょうか?

サザエさん、テレビ、PC事業からの撤退は理解するにしても、主力の半導体事業を売却するというのは正直悪手としか思えません。

※12/13追記 東芝は6000億円の増資を決定し、上場廃止を免れました。

しかし状況が好転したわけでもなく、これからの東芝は山あり谷ありと言ったところでしょう。







こんな記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。