海の水は、あと6億年でなくなる!?

地球






広島大学博士課程の畠山航平(はたけやま こうへい)さん、片山郁夫(かたやま いくお)教授らがこのほど発表した論文によると、海の水は、予想より速いペースで地球内部に取り込まれているという。単純に計算すると、6億年後にはなくなってしまうペースなのだ。
引用元
http://news.mynavi.jp/news/2017/11/02/189/

どうしてそうなるの?

 

この記事によると、どうやら6億年後地球から水がなくなるそうです(´・ω・`)

突拍子なさすぎでなんとも言えないのですが、現在、海底プレートのひずみに海水が吸い込まれ、年間で25億tもの水が地球に吸われるているそうです。

事実かどうかはわかりませんが、6億年というのはかなりの年月ですね。
恐竜が生息していたのは今から2億5000万年前から生息し、6500万年前に絶滅しました。地球 4コマ

うっぴー
この4コマのために記事にしましたw

最初の人類つまり猿人が誕生したのが180万年前、現在の人類の祖先が10万年前に誕生したので、恐竜出現からざっと2~3ループくらいできそうな勢いですね。

まぁ水がなくてもゴッキーあたりは生存してるかも?

隕石による人類滅亡、ノストラダムスの大予言()、地球温暖化では海面が上昇するうんたらとありましたが、地球さんもいろいろと大変ですね。







こんな記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。