【衆院選2017】与党の圧勝と野党の惨敗…その経緯を振り返る

前原誠司 イラスト






野党の惨敗は必至

自民284、公明29、社民2、共産12、立憲55、維新11、希望50、その他22で衆院選が終わりました。凄まじい台風の中での衆院選。投票に行くのも一苦労でしたね。しかし蓋を開けてみれば前評判通りの自民圧勝。

少々味気ない気もしますが、野党の動向を見ればしょうがないでしょう。

 

野党を振り返る

 

民進党、立憲民主党と分裂

 

選挙前から民進、立憲民主党のグダグダは話題となりました。

 

うっぴー
これでよく街中走れるね

また、投票用紙に「立憲民進党」と書いてしまった場合、無効になるかどうかも問題となり、詰めの甘さが浮き彫りに。

民進党 立憲民主党 イラスト 4コマ

 

衆議院選後、民進党の参院議員らを中心に、民進党「再結集」論が浮上していることに関し「排除の論理を取らないのが、結党のいきさつだ。われわれの旗の下、同じ考え方の皆さんと勢力を広げようと思っている」と語り、立憲民主党の枝野代表は衆院選後の民進党再結集論に言及しました。

選挙 4コマ 解散
うっぴー
国民を馬鹿にしているとしか思えません。

また、ネット討論において立憲民主党の枝野代表が自民党の安倍代表との握手を一時拒むといったことがありました。この様を見て誰が立憲民主党に入れるとお思いなのでしょうか?

 

希望の党の銭ゲバっぷり

 

話題となった希望の党ですが、小池百合子都知事の希望の党候補者に対するその要求もまた、注目を浴びました。

・小池氏と並んでツーショットで3万円(党候補者から巻き上げるのは異例中の異例)

・公認申請していないにも関わらず、民進党議員に400万円申請
また、400万円払って公認申請したにも関わらず、公認されなかった

小池百合子 都知事 希望の党 イラスト

その希望の党の小池百合子都知事、衆院選選挙開票時日本におらず、フランスのパリへ出張。敵前逃亡という大失態をおこしました。

4コマ 小池百合子 民進党 希望の党

感想

 

この選挙の10日ほど前に兵庫7区で日本維新の会の三木けえという候補者の演説がありました。

それを聞いていたのですが、そこへ共同通信の方に話を聞かせてほしいとインタビュー(ぽいだけで意見を聞かせてほしい、程度のもの)がありました。

とくに大した話ではないのですが、選挙に行くか?選挙に興味はあるか?希望の党への関心は?選挙はどこへいれるか?など聞かれました。

その話自体他愛もないものでしたが、「希望には入れない」と答えると驚いた表情をしたのが印象的です。

また、テレビ朝日系の開票速報特別番組「選挙ステーション2017」で、司会を務めたジャーナリストの田原総一朗氏(83)が番組内で激怒。

視聴者からの意見として「今が完璧ではないが野党が酷すぎる。安倍総理はやりたい事をしっかり形にして欲しい」という意見を紹介したところ、途中で遮るように「ちょっと待って!野党が酷すぎるってどういうことなんだよ」と怒鳴ったそうです。

一部メディアと有権者との温度差を象徴する出来事と言えるでしょう。選挙の結果は野党惨敗、自民公明の圧勝で終わりました。

勘違いしているかもしれませんが、今欲しいのは確かな政権、それ以上に確かな野党です。

いつまで「安倍憎し」で政治をすれば気が済むのでしょう…

うっぴー
対案を出せる野党、当分望みは薄そうです。






こんな記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。